前へ
次へ

スマートフォンによる肩こりについて

肩こりは昨今、ある程度年を経た方だけではなく若者にも広がっています。そしてその原因としてあげられるものにスマートフォンがあります。普通に使っている分には何ら問題はないツールではあるのですが、小さく持ち運びが便利なパソコンとして使っている場合どうしても触れる機会が多くなってしまうのと、通常大画面でみる文字をそのまま手のひらサイズの小さな文字で見ることになってしまうからです。そのためなるべくしっかりと見るために姿勢は前傾し、筋肉に余計な負荷がかかり肩こりを引き起こす、という事態になってしまうのです。こうした肩こりの改善方法としてスマートフォンを一度に長く使わないようにという方策もありますがそうもいかない、という方も多いでしょう。そこでやはり行うべきはストレッチでしょう。前傾するのは無意識である場合もあり、どうにも意識してもより前にということはあります。ですから長い時間そっちに意識をさくのではなく、定期的に操作を中断して一息つき、体を大きく動かす、これが大切です。自分の肩の具合を確かめつつ上手に付き合っていきましょう。

Page Top