前へ
次へ

40歳や50歳になって肩こりを感じるとき

20歳代と30歳代では体力などで変化を感じやすいですが、さらに40歳代50歳代となっていくと健康面でも変化を感じるようになります。日常生活で感じることもあれば、健康診断の結果として現れることもあるはずです。それまで特に肩こりを感じることがなかった人が40歳や50歳になるころに肩に異常を感じることがあります。これがよく言われている肩こりかとそのまま放置をしたり、自分なりに調べて対処の方法を取ったりもするのでしょう。実は40歳や50歳ごろに出る肩の不調は肩こりでない可能性があります。四十肩や五十肩と呼ばれる症状で、老化が原因で起こるとされています。症状としては急に肩が上がらなくなりますが、比較的すぐに解消してその後は何も感じなくなります。ただ一度なると一定期間ごとに同じような症状が起きることがあります。肩こりではないので勝手な対処方法を取らないようにしなければいけません。どちらも病院に行くほどでないにしても、それぞれの対処方法を取る必要があります。

Page Top