前へ
次へ

肩こりはいろいろな方法によって

肩こりはどのようにお医者様を判断するのかと言いますと基本的には問診とか神経学的診察などになります。触診などによって僧帽筋の状態を確認して可動域や頚椎疾患のチェックなどもしていき、判断していくことになります。レントゲン撮影なども行ったりします。あまり行われることではないですが血圧測定などの検査によって判断されることもあります。大げさかもしれませんが肩こりというもの病気の一つではありますから悩んでいる人は多いわけです。実際問題として肩こりというのは原因がはっきりとするというわけではないので、その辺りが肩こりの症状を出しているということくらいは分かるのですが抜本的な改善というのがなかなか難しいものであったりもします。そこで大事になってくることは動かすことです。肩が痛いから動かさないようにする、というわけではなく、少しは動かした方が良いです。硬直することによって、肩のこりが起きることになりますから意外と動かすことは大事になります。

Page Top